一眼動画の用語解説

一眼動画を始めた初心者の方から「用語の意味が分からない」と質問されます。

カタログには下記のような用語が書かれていますが、イマイチ理解出来ない方は下記を参考にして動画撮影を楽しんで下さいこの用語解説集は、テレビ、ビデオ、そしてPCで使われる動画に関する用語を集め解説しています。

■ 

 

動画形式(フォーマット)とコーデック

 

動画データはサイズが大きく非圧縮状態ですとDVD1枚に数分程度しか保存できません。それだけではなくデータが大きいので古いパソコンだと映像が飛んだりして見られません。

そこで、コーデックという圧縮方法の決まりを作ってき、それに基づいて圧縮すればどのパソコンでもコーデックだけインストールしておけば視聴ができることになるのです。このコーデックの種類が多くそれぞれ長所、短所があります。

PC上に保存された動画を見る際、何かしらのファイルを開いて見ていると思いますが、それらのファイルの形式が動画形式です。

 

動画形式には前述したAVI、WMV、MOVの他に、FLV、MPEG-4など様々なものがあります。ここでは特に一般的なものについて解説しましょう。

 

・AVI(.avi)

Windowsで一般的な動画形式。実写映像からネット投稿まで用途は幅広い

・WMV(.wmv)

WindowsでAVIの次に一般的な動画形式です。これを使うならAVIのほうが汎用性が高く扱いやすいですね。

・MOV(.mov)

Macで一般的な動画形式。実写映像からネット投稿まで用途は幅広く編集用ソフトで多く使用されている。

・MPEG-4(.mp4)

上記の形式よりファイルサイズが軽く、かつ画質が良いため特にネットで動画を視聴するのによく使われ、高画質で動画を投稿したい場合はこの形式が良いです。

・FLV(.flv)

Flashというアプリケーションに最適化された形式。以前はネットで動画を視聴するのはこちらが主流だったが、MPEG-4より画質の点で劣るため、最近はあまり使われていない

 

これらの形式で保存された動画ファイルは、元々の映像データと音声データを圧縮し、一体化することでつくられています。その圧縮の過程をエンコードと呼び、圧縮形式のことをコーデックと呼びます。

 

代表的な圧縮形式(コーデック)を挙げておきます。

• AVCHD

AVCHDはパナソニックとソニーが基本仕様を策定したハイビジョン動画記録フォーマットです。映像には高効率符号化が可能なH.264/MPEG-4 AVC方式を採用、音声にはドルビーデジタル (AC-3) 方式(LPCM:オプション)を採用、多重化にMPEG2-TSを採用したものです。業務用から家庭用ビデオカメラと一眼カメラの動画等に多数使用されています。

 

・MPEG-1

ビデオCDなどで使用されているコーデック。今では一般的ではありません。

・MPEG-2

DVDや地デジ放送で使用されているコーデック。

・MPEG-4

携帯用コンテンツ等で使用されているコーデックです 。

・h.264

高画質の動画をネットで視聴する際に最近では一番ポピュラーなコーデックです。

・DivXh.

264の次に軽さと良画質を誇るコーデックですが、一般的でありません。

・DV

テープ式のデジタルビデオカメラで使用されているコーデックです。

・Motion JPEG

デジタルカメラで使用されているコーデックです。

・Huffyuv

可逆圧縮と呼ばれる、劣化しない圧縮方法を用いるため、動画のキャプチャなどによく使われますが、動画ファイルサイズがかなり大きめになるので注意です。

・非圧縮

圧縮しない場合、圧縮しないぶん綺麗だが、動画ファイルサイズが巨大になります。

 

色情報

テレビのブラウン管は色情報を光の三原則であるRGB(Red、Green、Blue)で表示しますが、TVに表示する際にYUVというエンコード手法が使われます。反対にパソコンのディスプレイに表示するにはRGB形式に変換する必要があります。

詳しく説明すると、

Y:輝度信号U:輝度信号と赤色成分の差V:輝度信号と青色成分の差

の3つの情報で色を表す方式で、

例えば4:1:1等と表現されます。

この方式は人間の目が色の変化よりも明るさの変化に敏感な性質を利用して輝度情報(Y)に多くのデータ量を割り当てることで、少ない画質の劣化で済むのです。

 

動画をリサイズする際の注意点

動画はたくさんの静止画でできています。そして、その静止画一枚一枚は、ピクセルでつくられています。これを縮小するぶんには問題ありませんが、拡大するとピクセルを引き伸ばすことになってしまい、結果として画質が劣化してしまいます。

動画をリサイズする際は、縮小のみにして、本来のサイズより拡大することは避けましょう。

 

ALL-IとIPB

GH3にある動画記録の二つの圧縮形式。より高画質に記録できるのが「ALL-I」。1フレーム単位で圧縮するイントラフレーム方式で、1フレーム単位でデコード、再エンコードを行うので、カット編集や映像の切り出しに適しています。

一方、長時間の記録に向いている「IPB」は、フレームの前後を参照し、差分を検出する差分圧縮方式です。高圧縮でファイル容量が軽いのが特長です。

 

センサーサイズ

 

カメラのフィルムにあたる光を受け取る器をイメージセンサーと言います。コンパクトデジカメとビデオカメラのセンサーサイズは一眼レフ(APS-C)とではサイズが面積比にして15倍も違います。

センサーが大きければ大きいほど多くの光を取り込めるため、写真の細部までクリアで表現力豊かな写真を撮影することができます。

一般論ですが、画素数が同じセンサーの画素数を増やすと解像度が上がり、より細かい被写体を区別することができます。その代わり1画素あたりの受光面積は減るため感度が悪くなりノイズが増えます。

つまり、センサーサイズが小さいと1画素あたりの受光面積が減り感度が低下し電気的に増幅するのでノイズが増えます。ノイズ処理技術で修正するため作られた感じの画像になってしまうのです。

フレームレート(一秒間のコマ数)

 

フレームレートとはfps(flame per second)とも呼ばれ、一秒間の動画のコマ数を指します。(1コマ=1フレームと呼ぶ)

動画は、一秒間に数枚~数十枚の静止画が連続して流れることで動いているように見せています。つまり、一秒間に流れる静止画(フレーム)の枚数が多ければ多いほど、滑らかな動きで見えるということになります。映画は一秒間24コマです。

日本のテレビ放送は30コマ、ヨーロッパでは25コマです。

 

だからと言って、フレームレートが高ければ高いほど良いというわけではありません。ネットで動画を視聴する場合、見る人のPC環境によっては、あまりに高いフレームレートだとPCの処理が追いつかずカクつき。また、ネットの回線速度にも影響し回線速度が遅いと同様にカクつきます。

エンコードの際に適宜なフレームレートに下げてから投稿することをオススメします。

 

よく使われるフレームレートの例

 

・59.94fps

ハイビジョン放送やXbox360、PS3などのゲームなど。ネットやPC上で視聴する動画には推奨できません。

・30fps

一番一般的なフレームレート。ネットで滑らかに見せるには十分です。

・29.97fps

TVなどの放送規格でよく使われるフレームレート。ここでは30fpsと変わらないと考えて下さい。

・24fps

映画やアニメで使われるフレームレート。

 

29.97や59.94など

の中途半端な数値のフレームレートについて

動画編集ソフトで「ドロップフレーム」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。TV等の放送媒体に使われる映像では、数分に1フレームの割合で、ドロップフレーム(コマ落ち)が発生するため、このような中途半端な数値が使われています。

専門的になってしまいますが、TVなどの放送媒体に使う映像を作成する際は、この数値のフレームレートで作成しないと、音と映像がズレるなどの弊害が発生してしまいます。(これは個人的に作成した映像をDVD等に焼く場合も同じ)

数秒~数十秒の短い動画や、ネットに投稿する動画などPC上で動画を見る場合にはドロップフレームは発生しないので、30fpsで問題ありません。

 

 

ビットレート(一秒間のデータ量)

ビットレートは1秒間に送受信するデータ量を表しており、 単位は「bps」または「kbps」。

単純にビットレートが高ければ1秒間に多くの情報を送ることができ、その結果として描写の精細さが多く高画質になる。ただし、ビットレートの値が高くなれば、ファイルサイズも大きくなります。

DVDプレーヤーで再生可能なDVD-Video形式で動画を保存する場合、解像度を720 x480にすれば音声で320kbps使用したとして、動画のビットレートは4000kbps程度になる。DVD-Video形式での最高画質は9800kbps(9.8Mbps)ですが、このビットレートだと1時間程度の動画しか保存できないことになります。

HD(地デジ)の最高ビットレートは15000kbps(15Mbps)

BD-Videoの最高ビットレートは54000kbps (54Mbps)

 

MPEG4 AVCコーデックを採用しているフルHD仕様の最新デジタルビデオカメラでは、最高画質での録画は解像度が1920 x1080で、ビットレートは25000kbps(25Mbps)になっています。この仕様で1時間30分ほどの録画ファイルは16GB(公表値)になります。

 

 

 

 

タイムコードとは?

GH3はタイムコードに対応し業務用ビデオカメラと同様の機能がついています。カウントアップは「レックラン」と「フリーラン」から選べます。「レックラン」は、動画撮影中のみカウントを進め、1台のカメラで撮影した動画を編集ソフトのタイムライン上に並べるときに使用。一方「フリーラン」は、設定スタート時間から常時カウントを進行するので、いつの撮影素材かを、すぐに確認できます。

複数のカメラでの撮影時に、それぞれの時刻を同期させておけば、編集ソフトのタイムラインに撮影時刻順で並べられ、編集作業がスムーズに行えます。

「SMPTE:Society of Motion Picture and Television Engineers(映画テレビ技術者協会)」が世界標準規格として制定したもので、日本が採用している「NTSC:National Television System Committee)」規格では、「00(時間):00(分):00(秒):00(フレーム)~23:59:59:29」で表されています。

 簡単にいうと、VTRでは録画をする際に時間経過に従って「時、分、秒、フレーム」の情報が、映像や音声の情報と一緒に記録されております。

 

動画の画面サイズ (=解像度)

 

動画とは、一般的にどれぐらいの大きさでしょうか。ここで言う大きさとは、ファイルサイズ(容量)ではなく、動画の画面のピクセルサイズ(横×縦)についてです。

動画は一定の大きさの静止画の連なりでできているので、当然画面サイズが大きければ大きいほど最終的な動画のファイル容量も大きくなります。特に、HD(ハイビジョン)映像は大きく綺麗なぶんPCへの負荷も高くなるので、扱うには高スペックPCが必要になります。

 

ネット上に投稿する際には、画面サイズは自由な場合が多いです。ただ、縦横比は以下の2パターンのどちらかにしたほうが良いでしょう。動画の縦横比とは、横幅(ピクセル数)×縦幅(ピクセル数)の比率となり、アスペクト比とも呼ばれます。

ここでは、以下2パターンの縦横比を基準に、それぞれよく使われる画面サイズについて簡単に解説します。

 

16:9

いわゆる横長、ワイドスクリーンサイズ。最近の液晶TVやPCの液晶モニタは殆どがこちら。

HD(ハイビジョン/ハイディフィニション)の場合は必ずこちらの縦横比になる。

 

よく使われる画面サイズの例

・1920×1080 (フルHD)

いわゆるフルハイビジョン。端子で言えばD3、D5やHDMIがこれにあたる。TVでは今や一般的だが、ネット上ではサイズが大きすぎるため推奨しない。

・1280×720 (HD)

フルではないがハイビジョンで720Pとも呼ばれます。端子で言えばD4が該当。ネット上のHDサイズは殆どがこの大きさ。

・720×405 (SD)

小さめの16:9比率の動画をネットに投稿する際などにオススメ・640×360 (SD)小さめの16:9比率の動画をネットに投稿する際などにオススメ

・720×480 (DV)

DVワイドスクリーンというTV等の放送媒体専用の規格。ネットに投稿する際には使用しないこと。

・720×486 (D1)

D1ワイドスクリーンというTV等の放送媒体専用の規格。ネットに投稿する際には使用しないこと。

4:3

以前まで最もポピュラーだった縦横比。例えば昔のブラウン管TVやPCモニタなど。

SD(スタンダード)放送の場合はこの縦横比。

・640×480 (SD)

4:3比率の中では一番一般的なサイズ。ブラウン管時代のテレビはこの大きさで。

 

HDとSDの違い

HD=ハイディフィニション、SD=スタンダードディフィニションの略です。

HDとは高精細度映像のことを指し、簡単に言えばハイビジョン映像のことです。最近で言えば、地デジやBSハイビジョン、Xbox360やPS3などのゲーム、YoutubeやzoomeのHD画質の動画等を指します。

SDはHDに対して以前からあった従来の画面サイズで、地上アナログ放送やPS2、Wiiなどのゲーム、HD画質でないYoutubeの動画などを指します。

HD=ハイビジョンで綺麗で大きい、SD=HD以前の一般的な大きさ と覚えておけば良いでしょう。

 

画面解像度にたまに出てくる、

1080iとか720pって何?

1080や720は画面サイズの縦幅(ピクセル数)の略です。

1080=1920×1080、1440×1080

720=1280×720、960×720

を表しています。

「i」はインターレースの略で「p」はプログレッシブの略になります。

簡単に言えば、インターレースよりプログレッシブのほうがより高画質になります。

 

インターレースとプログレッシブ

TVの映像やTVに映し出すゲームの映像などに使われる、映像の描画方式のこと。

インターレースはもともとブラウン管TV用に開発された方式で、走査線を上から一本ずつ飛ばしながら奇数番号順位に表示してから一番下まで行き、その後上に戻って偶数番号順に表示してない残り半分を表示する方法です。映像の1フレームを2つに分割することで、一秒30コマのテレビ放送は60コマの様になり動きを滑らかに見せています。

対してプログレッシブは分割せず、1フレームずつ(写真を一枚ずつ見せる様に30コマ)見せるため、多少カクつきを感じますが、インターレースより高精細に見得ます。

インターレースは映像を走査線で分割しているため、早い動きのある部分を止めてみるとギザギザが出たり、エッジがチカチカしてしまう場合があります。

 

 

 

ケーブルの端子の種類

TVやゲーム、AV機器やPCなどを接続によく使われる映像端子の違いを解説します。

■コンポジット端子

アナログです。赤、白、黄からなる最も一般的な映像端子。赤=右音声、白=左音声、黄=映像

■S端子 

アナログです。コンポジット端子の映像のみをグレードアップした端子。コンポジットよりやや綺麗

 

■D端子

アナログです。現在D1~D5まであり、端子の形状は同じだが、やりとりできる映像が大きく異なるので、必要に応じて対応したD端子を使用する必要があります。基本的にはD1~D5へ上がるごとに高画質です。

 

■HDMI端子 

デジタル用です。現行最も一般的な高画質伝送端子。音声も一緒に送れ、デジタル方式なため当然D端子より画質が良い。

 

■DV端子

(IEEE1394、FireWire、i-Linkなどとも呼ばれるが全て同じもの)

デジタル用です。一時TVやHDレコーダーにも搭載されたがHDMIに代わりつつある音声も一緒に送れる。

デジタルビデオカメラで撮影した動画をPCに取り込む際によく使われていた。